へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOSでEPELのリポジトリを追加する

CentOSなのでyumを使っています。

デフォルトのリポジトリのみでも、そこそこ使えるのでよいのですが
このデフォルトパッケージにないものやら、最新バージョンのものが使いたい。

個人でCentOS使っていると色々入れたいので、そういうときのために
EPELリポジトリを追加しておくと、幸せになれるという話し。

いつも忘れるので、自分用メモ。

EPEL

wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-5-3.noarch.rpm




スポンサーサイト

日本初!LPI-Japan、本日より『Linux標準教科書』をiPadアプリで無償提供開始

だそうです。

iPadもってないけど。

日本初!LPI-Japan、本日より『Linux標準教科書』をiPadアプリで無償提供開始

LPIAP

LPIC level3 301 

久々に資格試験てものを受けた。

実は2回目の受験での合格だったりする。。(汗)

個人的にLDAPに興味があったってのと、
会社での目標管理というやむにやまれぬ事情というものが云々。。。

今回、資格の受験というよりはLDAPについて、ずっとよくわからんちんだったところに
たまたまLPICレベル3の301がLDAPメインだったので、これを一応目標として
置いておいて、勉強しようかなという、モチベーション維持の関係も無くは無い。

LDAPについての書籍は最近はずいぶんと出てきていますが、最初はこの本くらいしか
ましなものが無かったので、これを最初は見ていました。

LDAP -設定・管理・プログラミング-LDAP -設定・管理・プログラミング-
(2003/12)
Gerald Carterでびあんぐる

商品詳細を見る


実際にLinuxサーバ立てて、最初からインストールして設定してっていうのは
この下の本がいいです。わかり易く書いてありますんで。

入門 LDAP/OpenLDAP―ディレクトリサービス導入・運用ガイド入門 LDAP/OpenLDAP―ディレクトリサービス導入・運用ガイド
(2007/10)
デージーネット

商品詳細を見る



で、この本は今もまだ読んでいる最中ではありますが、スキーマについては一番書いてあるのかな、と
その他のLDAPの本は読んでいないのでよく分からないのですが。。。

システム管理者のためのLDAP徹底理解システム管理者のためのLDAP徹底理解
(2009/05/29)
太田 俊哉中満 英生

商品詳細を見る


で、試験対策は以下の本。レベル2までお世話になっていた翔泳社のチョコ本が出てなかったので、
いわゆる白本って言うんですかね。

LPI認定試験LPICレベル3(301/302)「最短合格」テキスト&問題集LPI認定試験LPICレベル3(301/302)「最短合格」テキスト&問題集
(2008/03)
アイダックLinuxチーム

商品詳細を見る


まぁ、悪くは無いと思いますが、試験対策としてはちょっとずれているかな。ッテ感想
試験受けたときは、青くなりました。

今回は問題集の黒本は使わず。

なんか今調べてたらチョコ本でてるっぽい・・・・

Linux教科書 LPICレベル3Linux教科書 LPICレベル3
(2010/01/31)
中島 能和高橋 基信

商品詳細を見る


LDAPは奥深い。まだまだ勉強です。

Linuxアドバンストネットワークサーバ構築ガイド が絶版になっている件

Linuxアドバンストネットワークサーバ構築ガイド
という本が出ていて、いずれは買おう買おうかと思っていたら
いつの間にか絶版になっていました。

追記:10/10/15 下に表示されている新しいものが出ています。
Linuxで作るアドバンストシステム構築ガイド (18Network Server Construction Guide)Linuxで作るアドバンストシステム構築ガイド (18Network Server Construction Guide)
(2009/11)
デージーネット

商品詳細を見る


アマゾンでは既にプレミア価格。

どこのオンライン書店も軒並み在庫切れ。

あせってググッテたらなんとかジュンク堂に残り2冊。

2冊かって1冊は転売でウマーとか考えたけど、そんなことはしません。

とりあえず滑り込みセーフでゲット。1冊だけね。

まだ買っていない人は、書店に残っているだけだと思うので見っけたら即買い。

ちなみにジュンク堂は送料無料です。

iTunesサーバーを作る~トラブルシュート

起動



# /etc/init.d/mt-daapd start

Starting DAAP server: [ OK ]


・・・・・しない。

じつはここで1週間くらいハマってた。
だからブログも更新できなかったと言い訳してみる。
【“iTunesサーバーを作る~トラブルシュート”の続きを読む】

iTunesサーバーを作る~その3

mt-daapd.confの編集


# vi /etc/mt-daapd.conf


面倒くさいので貼り付けておく

【“iTunesサーバーを作る~その3”の続きを読む】

iTunesサーバーを作る~その2

ディレクトリとか、そこら辺はテキトーに読み替えてください。


$cd /usr/local/src #ここはソースファイルのあるディレクトリ
$tar zxvf mt-daapd-0.2.4.tar.gz
$cd mt-daapd-0.2.4
$cd src #ここにパッチファイルを置いておく
$patch < ./mt-daapd-0.2.4-cp932.patch



で、パッチを当てたらあとは一つ上のディレクトリへ戻ってmake


$cd ../
$./configure
$make
$su
#make install

設定ファイル等を所定の場所にコピー
# cp contrib/mt-daapd.conf /etc/
# cp contrib/mt-daapd.playlist /etc/ #プレイリストを使わない場合は不要
# cp contrib/mt-daapd /etc/init.d/



【“iTunesサーバーを作る~その2”の続きを読む】

iTunesサーバーを作る~その1

必要なアプリ

libid3tag
mt-daapd
日本語化対応パッチ

【“iTunesサーバーを作る~その1”の続きを読む】

いつか始めるzshとscreen

今まで知ってはいたが使った事がなかったScreenとzsh

いつか使うためにメモメモ・・・。

Manpage of screen

GNU screenを使い倒せ!

screenのススメ


漢のzsh
その中でscreenとzshの組み合わせはこれ
漢のzsh-zshとscreenで最強のターミナル環境

emacsとか日本語環境Anthy+uimとか

とりあえずインストールだけ


#yum install emacs

#yum install anthy anthy-el uim uim-anthy



colinuxにCentOS入れた時は、Anthy+uimのインストールに苦労した希ガス
今回yum一発で入れられて、ちょっと感動

前回はブログに残さなかったので、とりあえず覚書。

設定はまた今度
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。