へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の書評はとなり町戦争

三崎亜記 著 となり町戦争

となり町戦争 (集英社文庫)となり町戦争 (集英社文庫)
(2006/12)
三崎 亜記

商品詳細を見る


期待してた割には、あまりぱっとしなかったって感想。

何事も無い日常のなかで、実は戦争が起こっていて
それに巻き込まれて、というか自ら入り込んでいって戦争のリアルを経験したが
結局自分は何もできずに、大きな力に流されて終わり。見たいな。

戦争ということに対して主人公を通して、著者の思いが書かれているような。
そんな感じです。

本編の後に別章というのがあって、こちらはまた、別の人間の視点から
人間ていうのは、直接的、間接的にかかわらず、なんらかの形で
戦争に関わっているんだよ。っていうことを伝えたかったみたい。

別章を加えての一冊。ってとこでしょうか。

内容が期待していなかった方向だったということで
別に面白くないというわけではないです。

たしか、これ映画にもなってたはず。。。

となり町戦争 [DVD]となり町戦争 [DVD]
(2007/09/28)
江口洋介.原田知世.瑛太.菅田俊.飯田孝男.余貴美子.岩松了.小林麻子

商品詳細を見る


そうそう、とりあえずアフィになってますが、こんなあんまり面白くないかもね
って内容で張ってたら、誰も買わんだろう。

べつに儲けようと思ってないからいいですけどね。
スポンサーサイト

マネーハッキング

マネーハッキング
幸田 真音著

マネー・ハッキング (講談社文庫)マネー・ハッキング (講談社文庫)
(1999/11)
幸田 真音

商品詳細を見る


ブックオフに行って、古本アサリを実施していたら偶然見つけた一冊。

発売された日付を見るとお分かりのようにほぼ10年前。
実際は1995年に出されてるらしいので、15年前くらいの話でしょうか。

なので、かなり内容が古いのかというと、そうでもなく。
まぁ、多少大蔵省とかいう表現はありますが。
今読んでも充分面白い本です。

著者があとがきに書いている通り、当時では「早すぎた」出版となっている感じです。

読むにあたっては、株式取引なんかの知識と、コンピュータの知識があれば
抵抗無く入っていけます。

ハッカー(と言う表現はあまり好きではないけど)が銀行のシステムに入り込んで
市場取引を行っていて、今で言うSE(?)がおかしなことに気づいて追跡してたら
違うところでもっと大きなことが起こっていた。みたいな。

職業柄、大変面白く読ませていただきました。

3冊全部読むと面白いよ、じつはエロだけじゃない、きっと

サタミシュウ著 おまえ次第

おまえ次第 (角川文庫 さ 47-3)おまえ次第 (角川文庫 さ 47-3)
(2008/08/23)
サタミシュウ

商品詳細を見る


前作、「ご主人様と呼ばせてください」で、出てきた前々作「私の奴隷になりなさい」の主人公の嫁の浮気相手の話。

うん、説明がめんどくさい

つまり、3冊繋がっているってこと。

SMはプレイではない、関係性の問題だ
・・・・とはこの3作品共通の話だと思う。

そして、この関係性は連鎖する。らしい

実際に3冊読むと、あぁ、繋がってるつながってる。

あとがきに書いてあるけど、3作目は前2作と違って、
「コメディですか?」という内容。ってかオチ

ちょwwww主人公マヌケなんですけど。

そして、こりてねぇwwwwこいつ


3作品全部読むと、色々繋がっていて面白いかと思います。
もちろん、どれか1冊だけ読んでも話の内容は独立していますので、それはそれで、よいです。

読むか、読まないかは

まさに、おまえ次第

私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)
ご主人様と呼ばせてください (角川文庫 さ 47-2)
おまえ次第 (角川文庫 さ 47-3)
はやくいって (角川文庫)

通勤途中で読むにはちとつらいかも2

サタミシュウ著 ご主人様と呼ばせてください

ご主人様と呼ばせてください (角川文庫 さ 47-2)ご主人様と呼ばせてください (角川文庫 さ 47-2)
(2008/05/24)
サタミシュウ

商品詳細を見る


前作 「私の奴隷になりなさい」の続編

前作の主人公が結婚した後の話で、嫁が浮気して他の男と云々で
その男に対してダンナがした行動とは・・・・。みたいな。

相変わらず電車の中で読むのはつらいかも
じゃぁ、読むなよっていうツッコミは無しの方向で。

んで、オチについて、ちょっとネタバレなんだけどさぁ、

いつ仕込んだのよ??

私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)
ご主人様と呼ばせてください (角川文庫 さ 47-2)
おまえ次第 (角川文庫 さ 47-3)
はやくいって (角川文庫)

いろんな意味で残念な感じです。

伊坂幸太郎 著

アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


何が残念かって、非常に面白いからですよ。

この間が抜けた感じのタイトルと、本の後ろの要約と言い、非常に残念です。

そのせいで、読むのを後回しにしすぎました。

このタイトルについては、読んで「あ~、なるほど」となるんですが
この人の作品はハズレ無しです。いまんところ。

二・二六事件を知っているともっと面白いかも

恩田陸 著 ねじの回転

ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)ねじの回転―February moment (上) (集英社文庫)
(2005/12)
恩田 陸

商品詳細を見る


ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)ねじの回転―February moment (下) (集英社文庫)
(2005/12)
恩田 陸

商品詳細を見る


のっけから恩田ワールド全開な感じ

部類としてはタイムスリップ/タイムトリップの部類に入ると思いますが
いわゆるSFものですね。

時間を遡ってあのタイミングでアレをやったらもっと今の時代がよくなるんじゃね
っていう感じです。

で、これが入れ子になってる。これが良い

部隊は二・二六事件
言葉では習っているんだけど、実際には何が起こったのかよく分からなかった。

二・二六事件をもっと知っていると、この小説は違う意味でも面白かったのかな?

もちろん知らない自分が読んでもSF本として面白かったので、知らなくても無問題

通勤途中で読むにはちとつらいかも

サタミシュウ 私の奴隷になりなさい

私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)
(2007/12)
サタミ シュウ

商品詳細を見る


なんか、こういう本って、文庫本の中でも独特のオーラのあるエリアに置いてあるもんだと思うんだが、このサタミシュウって人のは、いわゆる普通の小説のところにおいてあるんだよね。

タイトルと、そのカバーからSMチックなにほひがするんですが、まぁ、その通り。

いわゆるエロ小説とは一線を画すらしいのだが、エロ小説そのものを読んだことが無いので
何処がどう違うのかは、あんましわからん。

まぁ、ブックカバーをつけないと通勤電車で読めないのは鉄板。

読んでてもエロスな横文字がかなり出てまいりますので初めて読むとドキドキ、
隣に若いチャンねぇが座った時にちらりと目に入ったら

こいつ、エロ小説読んでやがる

と思われること必至。そういう意味で2重でドキドキ。

エロスな小説はよく分かりませんが、普通にエロイと思います。先生。

でも、カバーで衝動買いしたのは内緒の話。

サタミシュウという人はとある有名作家が別名で書いたとか言うことで
ネット上でサタミシュウは誰?見たいでお祭りになっているとの事です。

一部では重○さんとか、三○さんとか言われてますが

まぁ、そんなの誰でもいいじゃないですか。面白ければ。

私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)
ご主人様と呼ばせてください (角川文庫 さ 47-2)
おまえ次第 (角川文庫 さ 47-3)
はやくいって (角川文庫)

どうしても福山がでてきてしまう本

今度映画で容疑者Xの献身やるみたいなんですが
その前に読んでおこうかなと思って、探偵ガリレオと予知夢を読んでみた
めんどくさいから2冊紹介。

ドラマ版のガリレオはちょっとしか見ていないんだけど
どうしても湯川学が福山に脳内変換されて仕方が無い。

福山のまねをしている「みっちー」が出てくる時もしばしば。

まぁ、それはどうでもいいとして。内容は一話完結タイプなので
読みやすい。東野圭吾さんの作品は白夜行とか幻夜の分厚い本を読んでうへぇ~
となった過去があるので今回もそんな感じかなぁと思っていたんですが

んぁ、実に面白い
(<-これが言いたかっただけ)

ちなみに、白夜行も幻夜もその分厚さに挫折思しそうですが
読み始めたら非常に面白い小説です。
ただ、ちょっと通勤で読むには重たい。

探偵ガリレオ (文春文庫)探偵ガリレオ (文春文庫)
(2002/02/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る


予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る

日々いろんなストレスを抱えている方に

山本甲士著 かび

かび (小学館文庫)かび (小学館文庫)
(2006/06/06)
山本 甲士

商品詳細を見る


結構作者が偏ってきたので
色んな人の小説を読もうと思っていて、チャレンジしてみたけど

これが大正解

主人公の主婦が、日々色んなストレスに襲われて爆発しそうになった時に
旦那が病気になって、会社はリストラをしようとしていると知る。
地元では有名な大企業を相手に、主婦が復讐を企てる。

って言うようなあらすじ。

主人公の性格が自分とかぶると言う人は多いんじゃないかと思う。
怒るという感情を小さい頃から抑え続けてきた人って、実は多いんじゃないか。

正直、じぶんは共感できるところがあった。

まぁ、それは置いといて。


いち主婦が、企業に復讐するって言うのが面白い。

会社との交渉のために取っておいた録音テープが
かつての同僚で友人と思っていた人に消されてからの展開がいい。

全てがうまくいって、復讐が実現された時の爽快感(?)。

まぁ、ラストも因果応報ってことで。これはこれでよい。

読み終わってから気づいたんですが

ALWAYS 三丁目の夕日を書いた人なんですね。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
(2006/06/09)
吉岡秀隆堤真一

商品詳細を見る


ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
(2008/05/21)
吉岡秀隆堤真一

商品詳細を見る

どんでん返しが面白い

仙川環 著 「繁殖」

繁殖 (小学館文庫 せ 2-3)繁殖 (小学館文庫 せ 2-3)
(2007/12/04)
仙川 環

商品詳細を見る


この人の本は転生感染を読んでいて、最近結構好きになったんですが、
今回も前回同様、大変面白く読ませていただきました。

以降、ちょいネタバレ

【“どんでん返しが面白い”の続きを読む】

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。