へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴の名は”G”~ノートパソコンを新調するの巻き~

以前働いていた会社ではLet's Note T5を貸し出されていて私用としても使っていたのですが、退職とともに返却。
ニート期間はしばらくデスクトップPCですごしていました。

このたび、新しい仕事先が決まったということで、ノートパソコンを新調することに。

こういうものは買うときに一番wktkするわけで、何を買うべかなーと考えていた。

予算も何も考えずにいいのを買えればいいのですが、いかんせんニート。
そしてPCにウン十万という金をかけるのはどうなのかということで要件整理。

・持ち運びを想定しているので、軽いこと
・薄いこと
・予算は15万プラスマイナス1万
・CPUはそれほどハイスペックなものでなくてもよい
 ※でも選んだ機種では最高のCPUが載っているものをチョイス
・業務開始までに調達できること

見たいな感じで出してみた。

この流れで行くと時期的にMacBookAirが新しく出たタイミング。
要件は満たしている。



・・・・・・・



bigwave





・・・・・・・には乗らず。





完全私用であれば悩む必要はないんだけど、仕事でも使うことを考えると
慣れていないMacOSではなく、安牌とってWindowsOSを(泣く泣く)選択することに。

結論からいうと、Sony VAIO TYPE Gを選択しました。

TypeGというラインナップはあまり強調されていない(ように見える)けれど
ビジネスモバイルという位置づけで、軽くて(12.1型なのに最軽量モデルで898g!!)薄い(最厚部で25.2mm!!)。

それでいて意外と安い(最安構成で10.5万円)

TypeXでは色々たりないけれど、TypeZじゃスペックオーバー
的な位置づけに(個人的には)見えて、要件的にもマッチしているので
これに決めました。

以下スペック

ソニーストアでのカスタマイズオーダーで業務開始以前に入荷することを
最優先としたため、SSDは入荷日未定だったためHDDでの構成。

またメモリーは別途調達したほうがはるかに安いので最小構成の2G

Core2 Duo SU9600(1.60 GHz)
メモリー 2G
1.8型HDD 約160GB
無線LAN+Bluetooth搭載
指紋認証
Sバッテリー
光学ドライブなし

以上で、139,800円なり。

あとは例のタイマーが入っていないことを切に祈っております。
スポンサーサイト

とんぼ

洗濯物にトンボが止まっていて取り込めないの図


一保堂茶舗の宇治清水でお手軽抹茶ラテ

以前京都へ旅行に行ったときに、偶然見つけた、一保堂茶舗の宇治清水という商品。

ujishimizu

以下オンラインショッピングサイトより引用

抹茶にすっきりとした甘さのグラニュー糖を加えました。
今では、グリーンティーとして喫茶店などでもすっかりお馴染みになりましたが、
実はこれ、「宇治清水(うじしみず)」という名で大正時代に一保堂が考案したことは
ご存知でしたか? 夏には冷たい水に溶かして氷をひとかけら。
アイスクリームやカキ氷にふりかけて宇治氷としても楽しめます。
冬には温めたミルクに溶かして。
抹茶のほのかな香りとミルクの温もりが体の中から温め、ホッと一息つきたいときに最適です。
鮮やかなグリーンと抹茶のほのかな香りが楽しめる、ちょっと甘めの「宇治清水」。
小さなお子様のいるご家庭へのプレゼントとしてもおすすめです。


おいしゅうございます。

コンビニで売ってる、なんとかバックスのグリーンティとかもう買わなくてもいいかも。

これからの時期はあったかい牛乳で淹れるとよいかと。

一保堂茶舗

オンラインショップはこちら

GBICとSFPあるいはSCコネクタとLCコネクタについて

相変わらずタイトルが長い。
SC/LCってどうなんだっけ?ということが発端でちょっとだけ調べてみた。
主に参照元はCiscoです。

基本的にGBIC/XENPAKはSCコネクタでSFPはLCコネクタって覚えておけばいいのかな。

GBIC(Gigabit Interface Converter)
SCコネクタ
速度:1Gbit/sec
GBIC

Ciscoサイト:Cisco Gigabit Interface Converter


SFP(Small Form-Factor Pluggable)※mini-GBICとも呼ばれるらしい
LCコネクタ
速度:2Gbit/sec
GSFP

Ciscoサイト:ギガビット イーサネット アプリケーション用 Cisco SFP 光モジュール


SFPにはFastEthernet用もあるらしいので貼っておく
FSFP

Ciscoサイト:ファスト イーサネットSFPポート用Cisco 100BASE-X SFP

おまけ
XENPAK(10(X) Gigabit EtherNet transceiver PAcKage)
SCコネクタ
速度:10Gbps
XENPAK

Ciscoサイト:Cisco 10GBASE XENPAK モジュール

10GSFP+
LCコネクタ
速度:10Gbps
10GSFP

Ciscoサイト:Cisco 10GBASE SFP+ モジュール

他参照元
Catalyst スイッチ、ケーブル、コネクタ、および AC 電源コード ガイド

GBIC モジュール/SFP GBIC モジュールのインストレーションおよび仕様

Net::LDAPをつかってみる その4

今回はNet::LDAP::Extension::setPasswordを使ってパスワードの変更をしてみる。
Net::LDAP::Extension::setPasswordは別途CPANからインストールする

変更後のパスワードは第3引数に指定したパスワードに設定する

changepassword.pl

#! /usr/bin/env perl

use strict;
use warnings;
use Net::LDAP;
use Net::LDAP::Extension::SetPassword;

#
#LDAP Server Configuration
#
my $ldapserver ='localhost';
my $basedn ="ou=People,dc=hoge,dc=co,dc=jp";
my $ldap = Net::LDAP->new($ldapserver) or die "$@";

my ($uid,$password,$newpassword)=@ARGV;

my $binddn= "uid=$uid,"."$basedn";

my $result = $ldap->bind("$binddn",password =>"$password");
die "Password is invalid\n" if$result->code();

my $msg = $ldap->set_password( user=>"$binddn",oldpasswd =>"$password",newpasswd=>"$newpas
sword");

die "error: ".$msg->code(). ":".$msg->error() if ($msg->code());

print "changed your password \n";

$ldap->unbind;



./changepassword.pl [uid][現在のパスワード][新しいパスワード]


ログ

slapd[2256]: conn=1 fd=12 ACCEPT from IP=127.0.0.1:37537 (IP=0.0.0.0:389)
slapd[2256]: conn=1 op=0 BIND dn="uid=[uid],ou=People,dc=hoge,dc=co,dc=jp" method=128
slapd[2256]: conn=1 op=0 BIND dn="uid=[uid],ou=People,dc=hoge,dc=co,dc=jp" mech=SIMPLE ssf=0
slapd[2256]: conn=1 op=0 RESULT tag=97 err=0 text=
slapd[2256]: conn=1 op=1 PASSMOD id="uid=[uid],ou=People,dc=hoge,dc=co,dc=jp" old new
slapd[2256]: conn=1 op=1 RESULT oid= err=0 text=
slapd[2256]: conn=1 op=2 UNBIND
slapd[2256]: conn=1 fd=12 closed



ちなみに、デフォルト設定では入力したパスワードはSSHAで暗号(ハッシュ)化されます。

PerlでNet::LDAPを使うときに参考になる本

家にあったw。

LDAP -設定・管理・プログラミング-LDAP -設定・管理・プログラミング-
(2003/12)
Gerald Carterでびあんぐる

商品詳細を見る


タイトルにプログラミングと書いてあるだけに、結構詳しく書いてある。
Rubyも少々。

職歴書いてたら、昔の仕事思い出してフイタ

現在ニート真っ最中で、某社の一次面接が決まったので職務経歴書つくっていたのだが、
この業界に入って最初の数年、今ではなかなか経験できないドイヒーだったことをいくつか思い出したので書いてみる。

まぁ、ネタです。ネタ。軽くスルーしてください。

その1.AM太田 -> PM水戸
だいぶ昔に某PCメーカーの修理で主に関東甲信越、東海地域を廻っていた時のこと。
ちなみに、作業自体は早いときは、お客さん先に入ってから、作業を終えて退却するまで20分とかそういう感じです。
あ、ちなみに移動は全て公共の乗り物で、タクシー?は?それうまいの?みたいな。

で、午前10時、太田(群馬)で1台修理、午後3時に水戸(茨城)で1台修理
こういう午前と午後で違うところって言うのは多いので、まぁいいんですが。
なんせ、乗り継ぎが悪い。

確か当時は検索した時間帯があれなのかもしれんが

太田(群馬)


りょうもう(東武伊勢崎線の特急)


北千住(東京)


スーパーひたち(JR常磐線の特急)


水戸(茨城) 

とか出てきてフイタ記憶が。
一旦東京出ろて、ヲイ。

その2.AM高崎 -> PM新潟
おんなじ仕事で午前に高崎(群馬)で1台、午後に新潟で1台
もうね、作業自体はトータルで2~30分な訳ですよ。で、一日のうち移動がほとんどという、そんな簡単なお仕事です。

で、高崎での滞在時間のリミットは短くて、11時の新幹線には乗らないといけないという。

そもそも10時から作業開始で11時には駅のホームにいなきゃいかんて、どういうスケジュールなんだよ。


で、あさ高崎駅についてドライバー忘れたことに気づいた訳です。

ドライバーがないと仕事にならない、逆に言うとドライバーさえあればできる、簡単な(ry


当時は近くのコンビニで、やっすいドライバー調達できたんで、難を逃れたわけですが。


その3.六本木 -> 翌日いわき
これはまぁ、手伝いで某事務所の引越し業務に借り出されたときで、引越し先がギロッポンヒルズの三十×階。
一応引越し先でのPCセットアップ要員ということだったらしく、荷物の運搬とかはなかったんですが、人が足りなかったのか、どっかの地方の建築会社の社長とかがバイトで来てるそんな状態でした。

で、お昼休みに外出して作業場所に戻ろうとしたら、引越し業者さんがエレベータ占領しまくってて、上にいけない。。。。
仕方がないから、地下から三十×階まで階段つかって上っていったよ、20人くらいで。エェ。

もう、足カクカクで午後ずっとセットアップしていたんですが、結構な数のPCがあってなかなか終わらない。

翌日9時から、いわき(ふぐすま)で作業があって、19時の高速バス(!!)に乗らなきゃいけない。
ただいま18時。未だ終わらず、な状態ではあったのですが、事情を説明してギリで高速バスに間に合ったのでした。(引越しとPC修理の元請けが同じ会社だからできる荒業)翌日は当然筋肉痛。

その4.これに乗らないと、絶対遅刻。乗ろうとしたら急激な腹痛、まんまと遅刻。

いろんな鉄道会社を乗り継ぎ、この電車を逃したら100%遅刻。(しかも始発)
乗ろうかと思ったら、まさかのLet it be 。いや、下痢ピー

ここで問題。

1.時間に間に合ってう○こ臭いか
2.う○こ臭くなくて、遅刻か
3.う○こ臭くて遅刻か

さぁ、何番?

って自問自答して。出した答え

どっちも最低。だったらう○こ臭くないほうがいいや。

電車が止まったっていいました。ええ。何か?

その5.炎の機器設置
いわゆる、カードを入れて暗証番号入れて金額入力すると、お金が出てくる機械系の設置っていうのもやってまして。

場所はとある建設中のスーパーマーケット。
外観は出来上がっているのですが、中ではまだ、溶接バチバチいってまーす状態。

だだっ広い構内でポツーンと寂しそうに某機械が置いてあって、その上で足場組んで溶接やってるんですよ。お・く・さ・ま!!

当然作業時はヘルメット着用。

せめて、溶接終わってから設定させてくれと本部に連絡したら。

「あとがつかえているから駄目」

っていう優しいお言葉。
そうですよね。どうせアタシはただの駒ですし。

泣く泣くやりました。えぇ。やりました。

背中に溶接の火花が飛んできてジュッといいました。アツカッタデス。

・・・とまぁ、あの時はまだ20代後半だからできたのかということをつらつらと。
逆にこのままじゃいかんと、さらに必死になった時期があって、いまの自分がいるのかなと。ニートですが。

Net::LDAPをつかってみる その3

前回のコードをちょこっと修正

userbind_search.pl

#! /usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use Net::LDAP;

#
#LDAP Server Configuration
#
my $ldapserver ='localhost';
my $basedn ="ou=People,dc=hoge,dc=co,dc=jp";
my $ldap = Net::LDAP->new($ldapserver) or die "$@";

my ($uid,$password) = @ARGV;

my $binddn ="uid=$uid,"."$basedn";

#LDAP user search
my $result = $ldap->bind("$binddn",password =>"$password");

die "Password is invalid\n" if $result->code();

my $msg = $ldap->search(
base => "$basedn",
filter =>"(uid=$uid)",
);

$msg->code && die $msg->error;

foreach my $entry ($msg->entries) { $entry->dump; }

$ldap->unbind;

exit 0;

太字の箇所を追加。
dieすることで、パスワードが間違えた場合にanonymousで再検索させずに処理を終了することができる。

ま、そりゃそうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。