へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいことをつらつらと書いてみる

自分で言うのもなんだが、昔はケッコウ真面目でした。

でしたと言うので、既に過去形。

あぁ、若さってスバらしい。
高校でて初めて就職した工場では、ホントに絵に描いたように
会社に忠誠誓ってたと言うか、いや、そういうつもりも特にはなかったけれど。真面目に働いてました。
一応、高卒の中では期待されていた(らしい)方でした。

毎日毎日、黙々と作業をこなし。

年功序列で、年上のできない奴がいると上に上がれなくても。

高卒なんで、最終キャリアが係長止まりと初めからわかっていても

どんなにつらくても、有給なんて年に1、2回しか取らなくて毎年10何日も無効になっても

当時は「サボる=悪」とまで思ってました。

椎間板ヘルニアになっても「人がいない」とかいう理由で重量物扱うの続けさせられても

毎日毎日真面目に働いてました。

入社時に100人くらいいた同期の人間が毎年毎年減っていくのを
「根性なし」「逃げやがって」とすら思って軽蔑しました。

まぁ、そんなこんなで6年くらいその会社に勤めていたわけだけど、色々あってやめることにしました。

会社を辞めて残ったものは

一生ついて回る腰痛と

数万円の退職金と

他ではあまり使い物にならない技術と

かつて自分が辞めていった同期に向けたオブラートに包んだ軽蔑のまなざし。でした。

でも、やっぱり、辞めてよかったと思う。

初めて会社を辞めた(という表現もどうかと思うが)
あのときの

あぁ、明日から会社行かなくていいんだ。

という開放感。

ヤバイくらいに気持ちよかった。

別に次の仕事が決まって無くても何とかなるさと思ってて
当時はまだ20代半ばだったし。

1ヶ月以上有給扱いで、その後も会社都合扱いで退職したから
失業保険がすぐ出て(3ヶ月くらい)

その間、とりあえず8時くらいに起きて、小倉さんの顔見て
そのまま河合俊一の顔みて
で、FFやって
飯食いながらタモさんの顔見て
途中で大和田獏の顔を見て
小堺さんの顔を見て
FFやって
FFやって
時にはパチンコ屋に行って。

見たいな生活を3ヶ月くらい?やってました。
失業保険もきっちり頂きました。

まぁ、そんなことはどうでも良くて(^^;

辞めてみてわかったんだけど、会社を辞めることは別に逃げることでも何でも無いんだな、と。
ただ単に合わなかっただけなんだ。

その後、2、3社転々としてますが、そして業種も一応エンジニアというのをやってますが、会社に何でもかんでも求めちゃいけないんだよね。

どんなに体壊して頑張っても別に誰も誉めてくれないし。

使い「物」にならなかったら、結局捨てられるわけだし。
ウチの親とか見ててもそうだったし、特に田舎だとね。

今はもう、有給が足りないくらいすぐ休む
もちろん、仕事との兼ね合いで休んでも大丈夫と(勝手に)判断したらの話ですが(w

結局、自分の代わりなんていくらでもいる訳で、逆に代わりがいないと言うのは、自分的にも会社的にも問題なわけで。

まぁ、頑張ることはもちろんなんだけど、頑張り処を間違えると大変だし。頑張らないことを頑張ることも大事。

きっと、こういう捻くれた考えは最初の会社を辞めなければ身につかなかったんだろうなと。

久しぶりにつらつらと書いてみた。

結局、何が言いたいかというと

引きこもりたい、31歳 秋。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/186-3fb1dfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。