へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeraTerm マクロ (シスコのコンフィグ採取)

TeraTermのマクロ
探しても見つからないので、ヘルプファイル見ながら自分で作ってみた。

コンフィグのタイトルとして
機器に付与している名称+取得した日付+.txt
とし、任意のフォルダへ保存するようにしている。

条件として、ログインするときに
IPアドレス+/W=機器に付与している名称
でログインをしている。

もっと上手に作れるといいんだろうけど、現状これで動いているので、まぁよしとしよう。

実際は別マクロからインクルードさせて、いくつかの機器を巡回するようにつくっている。

参考にしたサイト
KeepaliveFailed
STACK*
TeraTermマクロを利用してバッチファイルからLinuxをリモート操作する手順

まぁ、一番役に立ったのは、やっぱヘルプなのかなw

以下、マクロ
;Cisco 機器のsh run取得するマクロ
;(telnetログイン)
;
;
;ログイン時に/Wオプションをつけてウィンドウタイトルに名前をいれる。
;
;↓↓ここからマクロ実行↓↓
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;日付の取得 yyyy-mm-dd
;
getdate date
;
;ウィンドウタイトルの取得
;
gettitle windowtitle
;
;ログファイルの作成。filename = "任意のディレクトリ"+ウィンドウタイトル+日付+_+.txt
;
filename = "ここは任意のディレクトリを指定"
strconcat filename windowtitle
strconcat filename "_"
strconcat filename date
strconcat filename ".txt"
;
logopen filename 1 0
;
;terminal length 0とshow runnning-configの実行
;
sendln 'ter len 0'
sendln 'sh run'
;
wait 'end'
;
;sh runが全て表示されてから2秒待つ。
;ログ転送が間に合わなくて途中でlogcloseになるのを防ぐ。
pause 2
;
;terminal default length の実行
;
sendln 'ter def len'
;
;ログファイルを閉じる
;
logclose
;
;ログアウト
;
sendln 'logo'

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/22-fae9821d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。