へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesサーバーを作る~その2

ディレクトリとか、そこら辺はテキトーに読み替えてください。


$cd /usr/local/src #ここはソースファイルのあるディレクトリ
$tar zxvf mt-daapd-0.2.4.tar.gz
$cd mt-daapd-0.2.4
$cd src #ここにパッチファイルを置いておく
$patch < ./mt-daapd-0.2.4-cp932.patch



で、パッチを当てたらあとは一つ上のディレクトリへ戻ってmake


$cd ../
$./configure
$make
$su
#make install

設定ファイル等を所定の場所にコピー
# cp contrib/mt-daapd.conf /etc/
# cp contrib/mt-daapd.playlist /etc/ #プレイリストを使わない場合は不要
# cp contrib/mt-daapd /etc/init.d/



mt-daapdの起動スクリプトファイルの編集

#vi /etc/init.d/mt-daapd



色々調べて、ここのかたのサイトへ行き着いたのでここのファイルを参照

#cat /etc/init.d/mt-daapd
#!/bin/bash
#
# chkconfig: 2345 85 15
# description: mt-daapd is a multi-threaded DAAP server for iTunes
# processname: mt-daapd
# pidfile: /var/run/mt-daapd
#

# source function library
. /etc/init.d/functions
[ -e /etc/mt-daapd.conf ]

export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/lib

RETVAL=0

start() {
echo -n $"Starting DAAP server: "
daemon /usr/local/sbin/mt-daapd
# daemon mt-daapd
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/mt-daapd
}

stop() {
echo -n $"Shutting down DAAP server: "
# This is broken.
# killall -INT /usr/local/sbin/mt-daapd
killproc mt-daapd
RETVAL=$?

echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/mt-daapd
}

case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart|reload)
stop
start
RETVAL=$?
;;
status)
status mt-daapd
RETVAL=$?
;;
*)
echo $"Usage: $0 {start|stop|restart|condrestart|status}"
exit 1
esac

exit $RETVAL
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/227-56ab7a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。