へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くとこなんて別に何処でもいいよ。

特にエンジニアという職業であればもっと、流動的でいいと思う。
・・・と、いえるのはまだ年齢的に若いからか。

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
(2008/03)
城 繁幸

商品詳細を見る

団塊は引退を拒み、搾取しつづけようとするし。

その下のバブルは、なんとか逃げ切ろうと必死だし。
その下にいる私達ロスジェネは、どうしたら良いのか。
会社なんて、忠誠を誓っていれば一生安泰なんて時代は終わっているんだ。

おいらは、もう何回も転職(転社)しているから、別に履歴書が汚れるとか関係ないし。
せいぜい、書くのが面倒だな、って思うだけだし。

何処の会社で働いていたかじゃなくって、何をしてきたかだと思うし。
同じ仕事をしても、会社によってもらえる賃金が違うなら、高い方へいけばいい。
そんなに簡単じゃないってことは、百も承知。

正直ITなんて、特にSIは土建だよ。
なんか、先進的で、自由なイメージが強いんだろうけど、実質おいらもそう思って転職した。

でも、実際の権限(権益)をもっているのは、団塊とバブルなんだよ。
それこそ、会社のために忠誠誓ってプライベート犠牲にして、
満員電車に何十年も乗せられて
残業、残業、残業。残業するヤツがえらいと言われてきて
仕事が無くても、9時から5時半まで会社にいることに意味があると思っている世代だ。

それがいわゆる本書で言う、昭和的価値観ってやつ。

この人は、この本を書いた人なんだけど
内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 (ペーパーバックス)内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 (ペーパーバックス)
(2004/07/23)
城 繁幸

商品詳細を見る


この本を、このグループ会社で働いているひとに貸したときがあったんだけど
まあ、概ねそのとおりらしいし。
成果主義なんて絵に描いた餅。
どんなに成果出しても上司の力関係でもみ消されちゃってたらしいし。
現場の人間には負担と疲弊しか残らない。

まぁ、SIの会社なんて2、3社しか働いたことないから、実は色んな意味ですんごい会社ってのがあるのかもしれないけど。一事が万事。たぶん目くそ鼻くそ。

でも、そんな会社でも学べることはたくさんある。
大きな会社は、背筋がゾクゾクするような(いろんな意味で)大きな仕事が出来る。
ただ、大きな会社、大きな仕事はそれだけで無駄が多いのも事実。

まぁ、自分が何をするかを選べる立場になれるよう、ひたすら頑張るということで。
大きい会社がいいとは限らないし。

でも、これだけは言えそう

IT派遣業界の未来は、恐ろしいほどに暗い。
崖に向かって上っていくエスカレーターに乗っているようなもんだ。

あまり考え纏まってなくて、勢いでかいてるので収集がつかなくなった、是にて失礼。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/231-084b5702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。