へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆるCiscoのコンフィグ消去について

久しぶりにネットワーク機器を触った。

いままで使用していた機器を別の機器に転用。
リースで借りた機器の返却、色々な理由で設定ファイルを消去する必要が出てくる

基本的にIOSであれば

write erase して
reloadで良いかと。

erase startup-configでもよい。

で、スイッチ。

忘れがちなのがvlan.datの消去

機器の転用で、vlan.dat消してない場合は注意。
wr erした後だとvtpモードがデフォのサーバーモードになってます。

稼動中のネットワークに追加でコノ機器を入れた日にゃ。
それがお客さんのネットワークであった日にゃ(実話)
dir

と打つとvlan.datが残っているか確認できる
もしくは

sh vlan

でvlanデータが残っていたり、
sh run

でvlanのデータだけが残っている場合も同じ。

29系とか35系とかは

delete vlan

と打って、ファイル名を聞かれるので
vlan.dat
でconfirmでenter押せばOK

delete vlan.dat

でも消せる。

で、65系

過去に悩んだ記憶がある

65系は
const_nvramに入っていて

dir const_nvramで確認が出来る。

で、delete const_nvram

でvlan.datを指定すれば消すことが出来る。

あと、いまどきないわ~と思っていたのがCatOS

これは

clera config all

で消せます。

順番として、先にvlan情報を消してからwr erする。

Ciscoのサイトに書いてあるので一応リンク

Catalyst スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセット
スポンサーサイト

コメント

実話の続き

お客に納入した実話気になります

サーバモードだから、トラフィックも多くなりますよね
それ以外、どうなりますか

実話知りたいです

  • 2008/05/04(日) 03:18:50 |
  • URL |
  • TK #2WdbYHDY
  • [ 編集]

No title

どうなるかかんがえましょう。







大変悲惨な事になると思う。 うん!

  • 2008/05/13(火) 01:04:03 |
  • URL |
  • とおりすがり #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/242-d85c1b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。