へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んで、どうやってincludeするかっていうと。

自分が作ったものしか使ったマクロは知らないんだけど、とりあえず。
includeしたいマクロファイルの最後にあらかじめ

exit

を入れておくこと。

下記の場合は、CiscoのL3SW6台にログインするマクロ(login cisco L3SW.ttl)と、sh runをとるマクロ(get cisco show run.ttl)をincludeさせてます。

以下、マクロ
connect 'IPアドレス /W=スイッチ機器名'
;
include 'login cisco L3SW.ttl'
;
include 'get cisco show run.ttl'
;
closett
;

上のマクロをconnectのところのIPアドレスを換えていくだけです。
もっと、効率的なマクロがあれば、それはそれで・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/30-9e7d2f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。