へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがの宮部さん。

宮部みゆき著 「誰か」

誰か (文春文庫 み 17-6)誰か (文春文庫 み 17-6)
(2007/12/06)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


宮部作品にしては、珍しく登場人物が多くなかったような
決して少ないわけでもありませんが。

そして、意外と読みやすかった。

いや、じゃぁ宮部みゆき本はなんなんだ、ってことになっちゃいますが。

そういう意味ではなくて、内容自体は非常に面白く読ませていただきました。

ストーリーが割と素直だったので、するすると読ませて頂きました。
まぁ、自分の中では「鉄板」の著者なので、今回も当然あたりだろうと思って買ったんですが

ちなみに依頼人の妹の方は、私のタイプではありません。
グーで殴ってもいいですか。

例によってあらすじは省略

別にアフィでもうけようなんてサラサラ思ってないし。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/306-8d1d1a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。