へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ciscoで拡張Pingにおける送信元の指定に関して勘違いしている人は意外と多いと思う

タイトルながっ!!

ソースは俺(経験上)

拡張Pingで指定できる送信元IPアドレスは、その機器のインタフェースに設定されているIPアドレスが指定できるのであって、何でもかんでも指定できるものではない。

拡張 ping および拡張 traceroute コマンドの使用方法

引用

通常の ping コマンドがルータから送信される場合、ping の送信元アドレスは、パケットがルータを離れる際に使用するインターフェイスの IP アドレスになります。


知ってるつもりで意外と抜けがち


拡張 ping コマンドを使用すると、送信元 IP アドレスはルータ上の任意の IP アドレスに変更できます。


指定する際はIPアドレスのほかにインタフェース名でも指定可
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/443-e5a39d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。