へっぽこネットワークエンジニアのにっき

しあわせになりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPMチップの入っていないPCでBitlockerを使おうとすると非常に面倒くさいという話。

時代はBYOD、ぶりんぐゆあおうんでばいす。

さて、無事にSSDに換装したVAIOでしたが
なんか、しょーもない理由でBitlocker使わなきゃいけなくなったので
どうしたものかと


まずは、UltimateにUpdate

こちらはVistaを8にUpdatesした時と同様にAnytimeUpgradeで行う。

安いからって、新しいからって、絶対Windows8にアップグレードはしない。

\16,500-

orz

でBitlocker(←何かわからない場合はテキトーにggrks)

基本はTPMチップ搭載のPCだと、たぶんすんなり終了なんですね。

で、ついていない場合。

gpedit.mscでグループポリシーエディターを開く

「コンピューターの構成」
「管理用テンプレート」
「Windowsコンポーネント」
「BitLockerドライブ暗号化」
「オペレーティングシステムのドライブ」
「スタートアップ時に追加の承認を要求する」

の順で開いていく

Bitlockerはデフォルトで無効になっているはずなので有効にして
互換性のあるTPMが装備されていないBitlockerを許可するにチェック

あと、BIOSでExternal Device Bootを有効化しておかないと、起動できないっぽいですよ。



Bitlockerの設定画面を開いて暗号化かいし。

「毎回のスタートアップ時にスタートアップキーを要求する」

スタートアップキーの保存場所を聞かれるので、USBメモリを選択する。


・・・え?


USBメモリにスタートアップキーを保存する・・・の、か。



スタートアップキーは、システムファイル扱いなので(拡張子は.BEK)見たけりゃ
フォルダオプションでテキトーに設定


基本的に電源ONのブートの時にUSBキーに格納してあるスタートアップキーを見に行くので
起動時にUSBがささっていないと、起動できません。

試してみたら、休止状態からの回復も同じ。

スタートアップキーなので、起動後は抜いても問題なく使用はできるっぽい。

多分ハード固有のあれっぽいけど、一部でSDカードとかに入れても起動できたよって報告がある。
でもVAIOではできなかった。

いちいち抜き差しするとUSBポート壊れそうだし、忘れた時に、んがーってなるので
小さいUSBを挿しとく。

買ったのはこれ

Sandisk USB フラッシュメモリ 超小型 Cruzer Fit CZ33 4GB サンディスク 海外パッケージ品Sandisk USB フラッシュメモリ 超小型 Cruzer Fit CZ33 4GB サンディスク 海外パッケージ品
()
サンディスク

商品詳細を見る


いまは4Gものでも、1,000円もしないのね。

アマゾンプライムなら、翌日配送(ステマ乙)

Bluetoothのドングル並みに小さいから、邪魔にならない。

買うときにTPMは悩んだんだけど入れておけばよかったなと思う、今日このごろ。
公開役に立たず。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/02/06(水) 16:08:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://heppokone.blog27.fc2.com/tb.php/478-4a78a9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。